• English Club Laulima

"101"(ワン・オー・ワン)




"101"

(ワン・オー・ワン)

「(~の)初歩的な知識」

Good evening everyone! ただいま当クラブでは夏休みの特別レッスンを行っています。そのため、営業時間がいつにも増して不規則ですが、よろしくお願いします。

さて、特に現状に関係があるわけではありませんが、今回は日常会話で耳にするカジュアルな単語です。今回は「101」、意味は「(~の)初歩的な知識」です。前回もスラングでしたが、今回もスラングです。

今回の単語の使い方としては、​

"That is soccer 101."

(それはサッカーの初歩中の初歩だよ。)

というように、なにか物事の後につけて使います。基本的には会話の中のいわゆるツッコミであったり、なにかを説明するときに使われることが多い単語です。

さて、なぜ「101」という数字がこのような使い方をされているのか。私は日本の大学に行ったことがないので、もしかたら同じかもしれませんが、アメリカの大学の授業名からきています。授業の名前は基本的に「授業科目+三桁の数字」で構成されています。この三桁の数字が、「百の位が授業のレベル(大きい数字ほどレベルが高い)」と「十の位と一の位が同レベル内での順番」となっています。

この数字のシステムでいうと「101」がその科目内で一番低い「100番台」の一番最初の授業「01番」、つまりその科目の初歩知識を学ぶ授業になります。このような大学授業の名称をもじって、日常会話でも「101」が使われているようです。

「English 101」や「cooking 101」という使われ方がしますが、何事にもまずは初歩的な知識の習得が必要です。みなさんはどのような「101」をしっているのでしょうか?

英語が絡む仕事の会話でも突然出てくるかもしれない単語なので、この機会にぜひ覚えてみてください!​

それではまた次回!See you next time!

「今週のプチ英語」は毎週火曜日更新予定です。

1 view0 comments

Recent Posts

See All