• English Club Laulima

"11:00 sharp"(イレヴェン・オー・クロック シャァープ)




"11:00 sharp"

(イレヴェン・オー・クロック シャァープ)

「11:00ぴったり」

こんばんは。また急激に暖かくなってきました。皆さんも体調を崩さないようにお気をつけください。防寒するべきか否かが判断つきません。

さて、今回は「11:00 sharp」、「11:00ぴったり」です。ちなみに現在の時刻は11:00でもなければ、ぴったりの時間でもありません。

今回のフレーズは好きな時刻のあとに「sharp」と続けることで「ぴったり(に)」という意味になります。11:00である必要はありませんよ。使い方としては時刻を伝える際に使ったり、または予定に関して話すときに使います。とくに後者はビジネスシーンなどでよく耳にするかもしれません。

"Please call the client at 1:00 sharp."

「1:00ぴったりにクライアントに電話をしてください。」

というように、予定に関して時間厳守してほしいときによく使われるフレーズです。

これと同じ意味で、「on the dot」というフレーズを時刻の後につけることができます。どちらも基本的には同じ意味、用途のフレーズなので、言いやすい方を使ってみてください。

英語で予定を決めている時に、お互いにすれ違いがないように今回のフレーズを覚えてみましょう!

それではまた次回!

「今週のプチ英語」は毎週火曜日更新予定です。

4 views0 comments