top of page

"staircase wit"(ステァケェース・ウィット)




"staircase wit"

(ステァケェース・ウィット)

「タイミングを逃した返し」

​​

Good morning everyone! さてまる一か月更新を滞ってしまいました。

更新しなかった理由は・・・とくにはないのですが、強いていえば暑かったから・・・

ということで。

さて今回は長い休みの分を取り戻すために、ちょっと解説が必要な言葉、

「staircase wit」。意味は「タイミングを逃した返し」です。

はい、なんのことかわかりませんね。

​今回の言葉は元々はフランス語の言葉、「esprit de l'escalier」を直訳したものです。

日本語へ直訳するとなら「階段のウィット」というところでしょうか。最初の「staircase」は階段、特に少し長めの、折り返しがあったり、螺旋状になっている階段を指します。

後半の「wit」は「ユーモアのある素早い返答やコメント」のことです。

上記の意味を組み合わせて、「階段を降りた(昇った)ところで出たユーモアのある返し」となります。これはつまり、みなさんも一度は経験したことがあるであろう

「会話が終わったあとで思いついたおもしろい返し・返答・コメント等」、

またはその状況を意味する言葉なのです。会話が進んでしまったときに感じる

「あっ、さっきコレを言えばウケたのに!」や、

「あー、なんであの時思いつかなかったんだろう」を言語化したものになります。

この言葉自体をどれだけ会話で使うかは微妙ですが、人によっては今まで言葉がなかった

現象に名称がついたことでしっくりくるかもしれません。偏見もありますが、

関西在住としてはそれなりの頻度で体験する言葉です。このなっとくする感じは

「青木マリ現象」や、「シミュラクラ現象」に似た感じかもしれません。

上の言葉を知らない方は是非調べてみてください。

「あー、アレって名前があるんだ」と思うことだと思います。

​ちなみに、「staircase wit」を辞書で調べたら補足に「rare(希少)」と書いてありました。英語圏でも、文章・口頭両方であまり使われない言葉、と書いてありました。

知っておくとちょっとした豆知識になると思うので、是非覚えてみてください!


それではまた次回!See you next time!

​​

「今週のプチ英語」は毎週火曜日更新予定です。

2 views0 comments
bottom of page