top of page
  • Writer's pictureEnglish Club Laulima

"trump"(チュランプ)




"trump"

(チュランプ)

「(より良い発言・より良い行動で何かに)勝つ」

​​

Good evening everyone! 今年はいまだに唐突な雪が降ったりしています。個人的にはうれしいかぎりです。しかし夏の暑さはもうすぐそこに・・・。おそろしい限りです。

​​​

さて、今回の単語は「trump」、意味は「(より良い発言・より良い行動で何かに)勝つ」です。今回は注釈の方が長いパターンです。

​今回の単語「trump」は日本語読みでいうと「トランプ」です。ややこしい話ですが、日本語いうところの「トランプ」は英語で「playing cards」です。そしてカードゲームに「Trump」(トランプ)というものがあります。この辺りは以前に記事を書いたので、是非発掘してみてください。今回は名詞としての「Trump」ではなく、動詞としての「trump」をみてみたいと思います。


動詞としてみた「trump」は簡単に翻訳すると「勝つ」ということです。ただここでは単純に勝利するという意味ではなく、何かを超えたり、打ち勝つことで勝利する、という

ニュアンスがあります。ここにさらに相手と同じジャンルのより良い「何かで」勝利するという要素が入ってきます。この「何かで」は発言・行動・物などが該当します。言葉で説明するとややこしいですが、例文でいうと

"My offer for the painting trumps your offer."

(あの絵画への私の提示額があなたの提示に勝ちました。)

という使い方ができます。自分で書いて気づきましたが、例文を出しても

ややこしかったです。使用シーンとしては何かで競い合っているとき、特にゲームなどで

よく使われています。イメージとしては「切り札(を使う)」に近いかもしれません。実際のところ「trump」を翻訳すると日本語訳に「切り札」とでる確率は高めです。

個人的にはそこまで珍しい単語ではないかな、と思っていましたが勘違いだったかも

しれません。趣味や仕事によってはまったく耳にしない単語かもしれません。若干選択を

間違った気もしますが、気にしないことにしましょう。


日本語での「トランプ」と英語での「trump」は意味が似ているようで似ていないので

わりと混乱を生じさせる単語かもしれません。無駄なすれ違いを回避するためにも、是非

覚えてみてください!

それではまた次回!See you next time!

「今週のプチ英語」は毎週火曜日更新予定です。

4 views0 comments

Comments


bottom of page